ゴートゥースクール・ドット・コム

KEIアドバンス

「選ばれる大学」になる。

学習経験調査(JUES)について

河合塾とACER*が共同開発した標準化された学生調査(オンライン)

オーストラリアで行った学生調査を参考に、日本版の学生調査を開発。

*:Australian Council for Educational Research(PISA、AHELOなど世界的な調査に関わる教育研究機関)

各項目 内容
1.調査実施期間 •10月中旬~3月の間で、各大学の事情に合わせて実施期間を選択
•調査の実施期間は約1カ月間を想定
2.調査対象 •原則1年生、最終学年が対象(他の学年でも実施可能)
•学部単位でも参加可能
3.調査方法 •WEB回答方式(パソコン、スマートフォンやタブレットで回答)
•回答時間想定20分程度
4.設問 •約80問
•オプションとして設問の追加が可能(10問まで)
5.大学への納品物 ①学生の個別回答データ(形式:SPSS、csv)*納期(①②):実施後約3週間後予定
②設問ごとの集計データ(形式:Excel)
③オンラインレポート(開発中)*実施の翌年度5月頃に閲覧可能予定(全大学実施後)
 代表的な設問について、表やグラフの作成・データ出力ができる。
 代表的な設問でクロス分析が可能
 自大学とJUES参加大学全体、オーストラリアの大学全体との比較も可能

学修成果に関係が深い項目を調査

カテゴリ 内容
学生情報 •専攻分野、通学時間、居住形態、成績(学生の自己評価)
•一週間の時間の使い方(授業への出席、授業外学習、アルバイト、サークル活動など)
入学者選抜 •選抜方式、受験科目数
•大学の志望順位
学業との関わり •大学への帰属意識、学業に対するモチベーション
•授業中のディスカッション、グループワーク、授業外での学生との交流などを行った頻度
•退学を考えたことがあるか、その理由
授業および教育開発 •大学教員について(知的好奇心を刺激した、課題・提出物等へのコメントなど)
•学習環境について(教室、施設・設備、教材など)
学生支援 •就職支援、学習支援は利用しやすかったか
将来の見通し •大学卒業後にやりたいことが決まっているか
•大学で学んでいる内容が将来やりたいことに合っているか
•卒業後の希望進路(就職、進学、資格取得など)

サービス概略図 リメディアル教育、リメディアル講座 リメディアル教育、学習サポート教室 日本語力育成プログラム 初年次教育講座 PROGテスト(ジェネリックスキル測定) ジェネリックスキル育成講座 ジェネリックスキル育成教材 各種キャリア教育講座+朝活講座 業界研究講座(矢野経済研究所と協業) 各種語学系研修(ライブ、オンライン)+TOEIC分析 グローバル系研修 教授法講座・講演 プログラム設計講座・講演 SD講座・講演 ソリューション提案・コンサルティング IR支援サービス(導入支援+分析支援+朝日ネット提携) JUES PROG

お問い合わせ

サービスについてのご質問、資料請求のご依頼は、こちらから承ります。

TEL:03-5276-2734 FAX:03-5276-2755

受付時間:9時~18時(土・日・祝日を除く)

担当:教育事業戦略推進部
E-mail:jikai-g@keiadvanced.jp